クリアスウィフト、クリティカルなデータの保護に対するコミットメントを強化

クリアスウィフトはマイクロデイシス社を買収しました

2014年2月19日(イギリス発) — サイバーセキュリティ ソリューションのイノベーターであるクリアスウィフトは本日、 ウェブトラフィックプロテクションのマーケットリーダーであるマイクロデイシス社の知的財産権と顧客基盤、およびパートナーネットワークの買収を発表しました。

今回の買収は、顧客のビジネスクリティカルなデータを保護するための最高度レベルのソリューションを提供するというクリアスウィフトのコミットメントを改めて強調するものです。この買収はクリアスウィフトのグローバル成長戦略に沿ったものであり、インフォメーションガバナンス市場における当社の位置づけを強固にするものです。

クリアスウィフトの既存テクノロジーパートナーであるマイクロデイシス社のSSLコンテンツプロキシ ソリューション(SCIP)は、クリアスウィフトのSECURE Web Gatewayソリューションに既に統合されています。マイクロデイシス社のSCIPは、HTTP/Sを使用する保護されたWebベースのトラフィックに情報漏洩防止機能を適用することを可能にするものです。企業におけるクラウドコラボレーションツールとソーシャルネットワーキングサイトの増加により、すべてのアクティビティとクリティカルな情報を可視化し、制御できる能力の有無は企業の存続に関わる問題となっています。

マイクロデイシス社には、XMLストリームに含まれる敵対的なコードや好ましくないコンテンツがWeb 2.0ベースのシステムにもたらす脅威を軽減するための、XMLセキュリティゲートウェイ製品「XSG」があります。クリアスウィフトのテクノロジーロードマップに統合されたことにより、XSGの機能はまずSCIPに統合され、次いでクリアスウィフトの現行のソリューションに統合され、当社のお客様に新たな脅威からの保護を提供します。

クリアスウィフト 最高経営責任者のヒース・デイビスは次のように述べています。「マイクロデイシス社の買収は、お客様の重要な情報を保護し、サーバー攻撃の脅威に対する安全性の確保を提供するという当社のコミットメントをさらに強固にするものです。その実績が試され、実証された既存のテクノロジーパートナーの買収は、当社にとっては論理的に当然の帰結といえます。さらに付け加えれば、今回の買収は当社の成長戦略に完全に沿ったものであり、リスクを低減し、情報の所在についての完全な可視性を常時提供することを目的とした当社のクリティカルデータ保護ソリューションをさらに強固なものとします。」

クリアスウィフトについて:

クリアスウィフトは、ビジネスクリティカルなデータを保護し、安全なコラボレーションとビジネスの成長を実現するためのソリューションを提供し、世界中のお客様に信頼されている情報セキュリティ企業です。革新的なディープコンテンツ分析検査エンジンをベースに構成されたクリアスウィフト独自のアダプティブ リダクション技術は、クリティカルな情報に対する完全な可視性の常時確保を必要としているお客様に対して、情報漏洩防止ソリューションの導入・展開を簡素化し、インフォメーション・ガバナンスに関するビジョンの構築を容易にします

クリアスウィフトはヨーロッパ、オーストラリア、日本、アメリカに拠点を置き、900社を超えるリセラーと共に世界各地でビジネスを展開しています。クリアスウィフト及び製品、サービスに関する詳しい情報は弊社ホームページ(URL: http://www.clearswift.co.jp ) をご覧ください。

【本件に関する報道関係のお問い合わせ先】
クリアスウィフト株式会社 マーケティング部
TEL: 03-5326-3470 Email: info.jp@clearswift.co.jp