クリアスウィフトによる先進の脅威保護

先進のマルウェアやランサムウェア攻撃を実行前に防ぐ

常に変異し続けるマルウェアやランサムウェアでは、大切なデータを「人質」として抜き取り拘束するための防衛線防御回避はより一層巧妙化しており、クリティカルなビジネスシステムに大損害を与える可能性を潜在的に持っています。従来のウイルス予防策や、それより新しいサンドボックス技術もすでに破られており、組織への攻撃のカスタマイズに使われている精練されたソーシャルエンジニアリングやペイロードデリバリー技術はすでに先を行っている可能性があるのです。

「アダプティブ リダクション」が先進の脅威保護を提供


  • Eメール、ウェブ、ソーシャルメディア、クラウド、エンドポイント向けのデジタルアクティビティを完全に装ったより高度なディープインスペクション
  •  マルウェアやランサムウェアの引き金となる、埋め込まれた悪意あるコードの自動検知と除去: より完璧で、より高い検知率
  • デリバリー遅延を起こさないサニタイゼーション。悪意あるアクティブコンテンツのみを除去し、それ以外のメッセージやデジタルトランズアクションは問題なく通過
  • 今日の主要なマルウェアやランサムウェア (例 CryptoLocker、CryptoWall、 TorrentLocker、 Dridex、 Dyre、 BlackEnergyなど)対策に有効。サニタイゼーション機能はマルウェアやランサムウェアをマクロごと除去されるため、今後どんな変異が出てきたとしても効果的であることに変わりなし。
  • サンドボックスなど他のソリューションと比べてコスト効率が良いソリューション。既存のEメールセキュリティやウェブセキュリティインフラとシームレスに統合可能で、完全な置き換えは必要無し
  • ソリューションの効率と効果を可視化したビジネス向けレポート

標的型攻撃を止める:


ソーシャルエンジニアリングといわれる、よりパーソナライズされた、招かれざるネットワーク進入の企みの手間が減ることで、標的型攻撃のターゲットとなってしまう初期リスクを減らします。アダプティブ リダクションのひとつであるドキュメントサニタイゼーション機能によって、御社のウェブサイト、ソーシャルメディア、Eメールのやり取りやクラウドコラボレーションサイトで見つかる書類のメタデータ(著者、ログイン、部署、システム名など)に隠れているアクセス容易な情報をフィッシング攻撃から防御します。ドキュメントサニタイゼーションはまた、バージョン履歴、自動保存やコメントに隠れている重要情報も除去します。

単独のウイルス予防策(アンチウイルス)やサンドボックスよりも効果的なソリューション

マルウェアやランサムウェア攻撃を検知し防止する上で、スタンドアロン(アンチウイルス)ソリューション、そして今やサンドボックスでさえも、以前ほど効果が見られなくなって来ています。悪意のあるコードがコンスタントに変異し続けており、最新の変異コードにいたっては、サンドボックスに居ることを認識して検知をすり抜けるほどインテリジェントに進化しているため、アンチウイルスソリューションによる、脅威をブロックする目的でマッチしたシグネチャーの作成を難しくしています。

クリアスウィフトの独自技術であるアダプティブ リダクションは、スタンドアロンのアンチウイルスやサンドボックスのコスト効率の良い代替ソリューションあるいは補完ソリューションとしてお使いいただけます。

参考資料:  ホワイトペーパー サイバーセキュリティ侵害に備える ~ 転ばぬ先の杖