記念すべき日

A Landmark day for Clearswift

ヒース・デービス 最高経営責任者

本日は、クリアスウィフトがある主要な国際的組織と160万ドルの年間契約を締結したことをお知らせできることを嬉しく思います。クリアスウィフトは当社独自のアダプティブ リダクション機能を使った機密情報保護ソリューションを提供いたします。

2013年9月にSECURE Email GatewayとSECURE Web Gatewayのオプション機能としてアダプティブ リダクションを発売開始しました。さらに1月にはSECURE Exchange GatewayとSECURE ICAP Gatewayの発売を発表しました。SECURE Exchange Gatewayにより組織内の電子メールにも同じDLPポリシー適用が可能になります。さらに、SECURE ICAP Gatewayにより、アダプティブ リダクション機能がブルーコートのProxySGユーザーにも適用になります。

このような大規模で重約を締結できたことは、当社の戦略と「Aneesya統合プラットフォーム ビジョン」の正しさを再確認させるものです。

昨今注目を集めたデータ漏洩事件の数々をうけて、いまや機密情報保護ソリューションはあらゆる組織にとって死活問題となりました。先週eBayがサイバー攻撃を受けた事件の後にクリアスウィフトに変わってYouGovが実施したアンケート調査によりますと、電子商取引ウェブサイトを利用しなければ実質的にビジネス上のインパクトが大きいことが分かっていながら、イギリス人成人の49%がこうしたサイトの利用に慎重になったと答えています。

クリアスウィフトは機密情報の100%の可視化を常時実現し、セキュアなコラボレーションを可能にします。