マキシム スチープカ Maksym Schipka

> Back to Management Overview

Maksym Schipka, SVP Engineering

セキュリティ専門家としてもマキシムはよく認知されており、セキュリティ ソリューションの研究と配備における経験は15年以上におよぶ。

2013年11月にクリアスウィフトに入社する以前、マキシムはKaspersky Labで、スパム対策、URLの分類、ソーシャルネットワークの保護、DLP、ホスト型およびストリーミングのテクノロジーに関する欧州における研究開発を、一連のメッセージング関係のセキュリティソリューションの一環として指揮した。MessageLabsでは、大規模の研究対応専門チームを主導し、テクノロジー上の優位性を促進し、テクノロジーに関する企業戦略を実施し、先駆的な0-day脅威の検知を開発するといった、最も高度なテクノロジーを統括した。

マキシムは、Virus Bulletin、InfoSec、ISACA、IDT、IDC、CARO、AVARなどの様々な商的会議や学会、業界イベントなどにおける講演者として頻繁に招かれているほか、各種オンライン出版物にも寄稿している。

マキシムは、0-dayマルウェア検知の分野でいくつもの特許を保有しており、応用数学と物理学のB.Sc. Hons.とM.Sc.の学位によりモスクワ物理工科大学(国立大学)を卒業した(ともにファーストクラス)。