Clearswift SECURE Web Gateway

Clearswift SECURE Web Gatewayは、きめ細かいポリシー設定が可能なウェブの情報漏洩対策ソリューションです。ウェブ経由の情報漏洩対策、ウイルス、スパイウェア対策、URLフィルタリング機能がオールインワン。掲示板への書き込みやアップロード、ダウンロード内容に応じて情報をコントロールし、データ漏洩、規制上、法的リスクや組織の評判を落とすリスクを最小限に抑えます。

Clearswift SECURE Web Gatewayは、お客様の事業と顧客の完全な保護を提供します。高度な能力を備えたウェブセキュリティとウェブフィルタリング技術により、望ましくないコンテンツがお客様のネットワークに侵入するのを防止します。

柔軟なポリシー設定が可能ですので、社内ネットワークから送信される情報を入念に監視・制御でき、機密情報がうっかり、あるいは故意に漏洩するのを防ぎます。ウェブゲートウェイを通過するデータすべてが入念にスキャンされ、お客様設定のセキュリティルールに従って阻止あるいは許可されます。

SECURE Web Gatewayは、安心できるインターネットの閲覧環境を向上させます。

  • 従業員による適切な行為を奨励する
  • うっかりミスを最小限に抑える
  • 高精度ウェブフィルタリングにより、部外者によるセキュリティ上の弱点を突いた侵入や攻撃から保護する。

【SECURE Web Gatewayの主な特長】

  • アクセス許可、不許可のサイトを豊富なカテゴリーで設定するURLフィルタリング機能
  • Webアプリケーション(Webメール、掲示板サイト、Webファイル送信サイト等)使用時にアップロードや送信する情報漏洩をブロックする、Webコンテンツフィルタリング機能 (HTTPSにも対応)
  • SNSサイト(YouTube, Facebook, Twitter)フィルタリング対応
  • 標的型攻撃にも対応する、Web経由のアンチマルウエア機能
  • 豊富なキーワードリスト。テキスト検索式の作成と設定をおこなう場合、日本のマイナンバー、クレジットカード番号、州ごとの米国運転免許証、パスポート番号、不適切用語など幅広いグループオプションから選択できます。

  • クリアスウィフトだけが提供する「アダプティリダクション(秘匿化)」 機能 *オプション

    機密データの重要な項目を自動的にアスタリスクに置き換え、読み取りを防止します。

    次の3種類があります。

    ●データ リダクション(秘匿化): 電子メールと添付ファイル中の表示コンテンツから、ポリシーに違反している情報を除去します。

    ●ドキュメントサニタイゼーション: 文書に含まれるメタデータや更新履歴などを除去し、望まぬ情報の公開、漏洩を防止します。

    ●構造サニタイゼーション: 受信した文書からマクロなどのアクティブコンテンツを自動的に検知、除去しますので、脆弱性攻撃プログラムへの感染を防ぎ、標的型攻撃を防御します。

    アダプティブ リダクションについて詳しくはこちら

カタログはこちら

Clearswift SECURE Web Gateway