Clearswift SECURE ICAP Gateway

SECURE ICAP Gateway (SIG) は、サードパーティ製品Webプロキシと ICAP プロトコルで連携するWeb コンテンツ検査ソリューションです。既存のプロキシサーバー環境を活用し、高度な情報漏洩防止やフィルタリング機能を提供します。 リバースプロキシ環境との連携で、クラウドアプリケーションのセキュリティを補完します。

SECURE ICAP Gateway (SIG)によって既存のウェブセキュリティ用インフラクリアスウィフトソリューションを簡単に統合して最大限に強化します。クリアスウィフト独自のアダプティブリダクション技術をお客様の重要な情報に自動で適用できます。

SECURE ICAP Gateway (SIG) の導入で、組織は詳細なコンテンツ監視、アダプティブリダクションとデータ漏洩防止技術を既存のウェブセキュリティ用アーキテクチャに適用することができます。しかし既存のインフラに対する混乱は生じないため、情報フローをお客様の組織の情報管理ポリシーに適合させることができ、リスクを最低限に抑え、内部コンプライアンスの徹底をサポートします。

SECURE ICAP Gatewayは、インターネットをより安心して閲覧できるよう設計され、以下を実現します。

  • データ漏洩を最低限に抑止
  • 従業員による適切な行為を奨励
  • 高精度のウェブフィルタリングにより、部外者によるセキュリティ上の弱点を突いた侵入や攻撃から保護

SECURE ICAP Gatewayの特長

データ漏洩防止

綿密なコンテンツ監視により、組織内のデータフローの監視や制御が可能です。

アダプティブリダクション(秘匿化)

リダクション(redaction)とは、重要なデータを読み取り防止のために取り除くプロセスのことです。ICAP Gatewayは、機密情報を自動的に取り除きます。

柔軟なポリシーの管理

柔軟なポリシー管理機能により、SECURE ICAP Gatewayで組織のウェブ閲覧を完全に管理できます。

管理とレポーティング

組織の運営をスムーズに保つための重要なタスクや情報の管理とレポーティングを行います。

脅威に対する保護

SECURE ICAP Gatewayは、マルウェアやセキュリティ脅威による組織のネットワークへの侵入を常時阻止します。

ウェブサイトのカテゴライズ設定

SECURE ICAP Gatewayには、悪意のある既知のURLデータベースが搭載されています。(営業日内に定期的に更新されます。)最新のオンライン脅威からお客様の組織を安全に保ち、ウェブフィルタリングルールの自動更新も容易になります。

マイナンバー対応

マイナンバーを検出する機能を搭載。テキスト検索式の作成と設定をおこなう場合、日本のマイナンバー、州ごとの米国運転免許証、パスポート番号、標準日付形式などの幅広いグループオプションから選択できます。

 

Clearswift SECURE ICAP Gateway