Clearswift Information Governance Server

リスクベースのポリシー、プロセス、スタンダードがセットになったクリアスウィフトのインフォメーション ガバナンス(IG)で、組織全体にわたる一貫した機密情報の監視と適切な管理が実現します。

インフォメーション ガバナンスの特長

  • リスクベースのポリシー、プロセス、スタンダードがセット。組織全体にわたる一貫した機密情報の監視と適切な管理を実現。
  • データの作成から廃棄までを持続的に監視し、リスクを的確に管理。
  • すべてのユーザーとプロセスを対象に不適切な挙動を監視。ポリシー策定を行うリーダーシップ組織での運用に最適。
  • ポリシーに応じたユーザーの機密情報に対するアクセス権限制御を的確に実行。

インフォメーション ガバナンス導入のメリット

  • コンプライアンスデータをビジネス戦略、プロセス、実行の重要な要素として使用し、競争力が向上します。
  • 企業や組織が機密情報に関する規制面、契約上、セキュリティ上の要求に対してプロアクティブにかかわる上で障害となっている、リスク認識とコンプライアンスデータ使用との間のギャップを取り除きます。
  • コラボレーションが増え、IT運用の利益をセキュリティやサービス、資産、人材などに集約することができます。
  • 新たなテクノロジー取得コストや運用コストが減少し、情報リスク管理とビジネス推進が両立できます。
  • アイデンティティ管理とERPへの投資効果が増します。アクセス管理とデジタル ライト マネージメントをデータレベルにまで拡大します。

インフォメーションガバナンスのユーザー事例(ユースケース)

社内や組織の情報に何が起きているかを理解、把握します。

  • 情報漏洩対策
  • 損害に対する制御
    - Information Governance Serverへ登録し、コンテンツ流出を停止
    - 誰が流通させているかを判別
  • 不適切な挙動の監視
    - 機密情報を急に送信するユーザーを監視
    - 会計部門が不要なユーザーへ情報共有
  • ポリシーの適用
  • 監査対応
    - 誰がどの情報の閲覧等の行動をしたか
  • 情報価値の発見
    - ユーザーがどのようなアクティビティに時間を使っているかを洞察
    - 作成文書が実際に流通、活用されているか

関連情報

【マイナビレポート】重要情報の部分コピーにも対応! "情報統治"を提供するクリアスウィフトの新技術

Clearswift Information Governance Server