メールのユーザー事例

メールの使用事例(ユースケース)をご紹介します。 

知的財産保護 ― 契約社員やサプライヤーとのメール通信が必須の製造業

<ユーザー>

大規模製造業。契約社員やサプライヤーとのメールのやり取りによるコラボレーションが社内、社外共に必要である。

<ビジネスニーズ>

  • 機密扱いとされた極秘ファイルが承認されていないユーザーに配布されないよう、Eメールのやり取りを規制する。
  • イノベーション推進のため、承認されたユーザーがIP(知的財産)を自由に使えるようにする。
  • IP(知的財産)が誤送信や故意により、承認されていないユーザーへメール送信されないようにする。

<クリアスウィフトで実現したこと>

  • 膨大な量のデータへのメールによる共有が実現し、競争力が向上した。
  • データロスのリスクが減った。
  • メール送信されるデータの詳細な制御。

CClearswift SECURE Email Gatewayについて詳しくはこちら

Clearswift SECURE Exchange Gatewayについて詳しくはこちら

ご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせフォーム よりご連絡ください。