文書のユーザー事例

5つのチャネル防御で構成するClearswift Adaptive Protectionのうち、文書の使用事例(ユースケース)をご紹介します。 

買収関連の機密情報を扱う投資会社

<ユーザー>

買収合併に関する機密情報を扱う投資会社。金融当局の監査を通らなかった。

<ビジネスニーズ>

  • 買収業務関連メンバーには許可されたシステムへのアクセスを与える一方、IT管理者には買収関連データへのアクセスを禁じる。
  • セキュリティ規則に基づきデータを機密扱いにできる。
  • すべての買収関連文書にマスキングによる秘匿化管理を行う。
  • 文書の社内使用と外部使用を柔軟に管理できる。
  • 文書からスクリプトやメタデータを除去できる。

<クリアスウィフトで実現したこと>

  • 既存のストレージ資産を利用して暗号化が行えた。
  • 機密情報処理用と一般事務用に二重保有していたネットワークシステムの一元化により、コストを削減できた。
  • 効率性とコラボレーション向上で競争力が増し、費用対効果がすぐに表れた。

ご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせフォーム よりご連絡ください。

Information Governance (製品) の使用事例はこちら