クラウドのユーザー事例

5つのチャネル防御で構成するClearswift Adaptive Protectionのうち、クラウドの使用事例(ユースケース)をご紹介します。

Amazonクラウドへ移行する小売業兼製造業

<ユーザー>

大規模小売業兼製造業。顧客数70万人。
ERPへの移行と対顧客販売方法の多様化に対応するため、メインフレームからAmazonクラウドへ移行。

<ビジネスニーズ>

  • 社内スタッフや外部顧客によるデータ侵害を検知し、通知できる。
  • 情報漏洩が検知された場合、トランザクションをブロック、あるいは処理中の極秘データを取り除ける。
  • 機密情報の移動が「大量の件数」発生したことを検知できる。
  • スタッフと顧客とで異なるフィルタリング規則を設定できる。
  • ウェブトラフィックのスキャンは、HTTP/Sトラフィックのスキャンの他に添付ファイルのダウンロードについてもサポートされる。

<クリアスウィフトで実現したこと>

  • クラウドサービス利用で画期的なコスト削減を実現。
  • ビジネスモデルを新規販売チャネルへ拡大できる可能性。
  • 不適切な挙動が起こるとアラートが上がる。
  • 承認されずにデータが移動されると直ちにブロック。

ご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせフォーム よりご連絡ください。

Information Governance (製品) の使用事例はこちら